【初級地域公共政策士】令和3年度「初級地域公共政策士」資格取得のための科目認証制度について

 

琉球大学では、「沖縄産学官協働人財育成円卓会議」の提言を受け、新たな価値を創造できる人材や国際性豊かな人材の育成に向けた「目的別人材育成プログラム」を社会人向けに開講しています。令和元年度、その一部が一般財団法人地域公共人材開発機構の資格制度「初級地域公共政策士」の認証科目に認定され、沖縄県内の自治体や民間企業から20の社会人が受講しました。令和2年度は新たに2科目を追加し、全8科目からなる科目認証制度として開講いたしました。

「初級地域公共政策士」とは、自治体職員、NPO関係者、公共に関わる企業の担当者等を対象に、「地域公共人材」として地域課題解決に対する実務的なプロジェクトスタッフやプロジェクトのサブリーダーとしての実践的能力を認定する職能資格制度です。また、認定を受けた大学の正規科目(授業)が認証科目となっていることが特色です。
この度、琉球大学では社会人向けに「初級地域公共政策士」資格取得のための科目履修プログラムを開講いたします。

 

*【3/31更新】令和3年度「初級地域公共政策士」資格取得のための科目認証制度(社会人向け)の詳細は こちら

 

 

*【3/31更新】令和3年度「初級地域公共政策士」資格取得のための科目認証制度(学生向け)の詳細は こちら